私の言語の限界は… ログイン会員登録

明日から使える韓国語 第916号 (2023/01/20)

「私の言語の限界は…」

昨年末、韓国語の受講生・出身生対象の年末イベントをオンラインで実施しました。ウォームアップのクイズ大会から始まり、映像翻訳講座の先生方の座談会、スピーチ大会、翻訳大会(韓日翻訳部門、映像翻訳部門)と盛りだくさんの内容でした。

韓日翻訳は、今年は韓国の書籍の翻訳にチャレンジしてみてほしく、当校の先生にご尽力いただき、韓国人作家ソ・スラン氏の『마흔에는 재미있게 살아야지』(文章・絵。弘益出版メディアグループ)を韓日翻訳の課題文として設定させていただくことになりました。

審査は、韓日翻訳家として’今をときめく’岡崎暢子氏にお願いすることができました。イベント当日はソ・スランさんもご参加いただき、岡崎暢子さんからは講評のビデオメッセージもいただき、翻訳大会にエントリーされた方々だけでなく、参加者みんながその話に引き込まれる…貴重な体験となりました。

ソ・スランさんが私たちに当日寄せてくれたメッセージの中で印象深かったメッセージは、

나의 언어의 한계는 곧 나의 세상의 한계이다.
(ナエ オノエ ハンゲヌン コッ ナエ セサンエ ハンゲイダ/自身の言語の限界は、すなわち自身の世界の限界である)

です。これは哲学者のウィトゲンシュタインの、「The limits of my language  mean the limits of my world.」というメッセージ、とのことでした。

語学を学ぶ私たちを勇気づけてくれるこの言葉。とても感動しました。

言葉を学ぶことは、自身の世界を広げること。これからも外国語の学習を頑張ろう、頑張る人を応援しよう。どんなにAIが発達して翻訳機が性能良くなっても、自身の言語として、世界を広げるために言葉を学び続けたいと思いました。

それでは、また来週お目にかかりましょう。

감사합니다. 안녕히 계십시오.
 
<著者-幡野 泉>
-1995年早稲田大学第一文学部卒業
-1998年延世大学校韓国語学堂に入学
-留学中にコリア・ヘラルド新聞社主催の「第33回外国人韓国語雄弁大会」 にて
  最優秀賞・文化観光部長官賞を受賞、また延世大学校韓国語学堂の雄弁大会にて第1位
-約1年の留学生活の後、東京にある韓国大手商船会社の日本総代理店に就職
  3年半の間、日韓ビジネスの現場に立つ
-2002年3月「杉並区ビジネスプランコンテスト」にて優勝
  題目は「日韓ビジネス交流の橋渡し」
-2002年8月有限会社アイ・ケー・ブリッジを設立
-2004年4月東京・虎ノ門にて「シゴトの韓国語講座(現・アイケーブリッジ外語学院)」を開講
-2006年4月より、「All About 韓国語」ガイドを務める
-東洋経済日報に「ビジネス韓国語会話」を連載
  メールマガジン「明日からすぐ使える!知ってトクするシゴトの韓国語」を発行中
-著書に『すぐに使えるシゴトの韓国語』『レベルアップ シゴトの韓国語』(いずれも三修社刊)
  『すぐに使えるシゴトの韓国語』(アルク刊)がある

■ お問合わせはこちらまでお願いします。


「アイケーブリッジ外語学院」
https://www.ikbridge.co.jp/

TEL 03-5157-2424

韓流ならワウコリア
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約
韓国語・ハングル情報ならWOW韓国語
Copyright(C) 2004-2012 AISE Inc. All Rights Reserved.