もうひとつは、PK(ピーケー)戦 ログイン会員登録

明日から使える韓国語 第912号 (2022/12/15)

「もうひとつは、PK(ピーケー)戦」

先週、サッカーW杯で大きな話題となったVARについてお届けしました。今回のW杯のもう一つのキーワードはやはり、PK戦でしょうかね。

W杯の決勝トーナメントで延長戦を経ても勝負が決まらずPK戦となり、選手たちが一列に並び肩を組んで、蹴る人の後姿をハラハラと静かに見守る緊迫したシーン……を思い浮かべただけで、胃が痛くなる!

予選リーグが終わったときの我が家の会話。

娘「決勝トーナメントに行ったらトーナメント戦なんでしょう?」

私「そうなのよ…。そうすると、引き分けになったらPK戦で勝負を決めたりするのよ…。あ~~!」

と、その緊迫シーンを思い出しては無駄に試合前から緊張していたのですが、やはり……日本チームはVARには助けられましたが、PK戦に泣きました。

PK戦の韓国語は、

승부차기(スンブチャギ/[直訳] 勝負蹴り)

です。(直訳にちょっと萌えます…)

일본은 16강전에서 비긴 뒤 승부차기에서 1-3으로 졌습니다.
(イrボヌン シmニュッカンジョネソ ピギントゥィ スンブチャギエソ  イテサムロ チョッスmニダ/日本はベスト16戦(→決勝トーナメント1回戦)で引き分けたのち、PK戦において1-3で敗れました)

2022年W杯もいよいよ決勝戦が間近となりました。スター選手が期待通りにスター選手らしいパフォーマンスをすること、全世界の人に注目され、国の期待を一身に背負うプレッシャーの中、このような舞台で素晴らしいプレーができるということが、ほんとうにすごいことだと思います。どのように訓練し、どのようなマインドで暮らしているのかとても興味があります。

その偉人たちのプレーを、あと少し楽しみたいと思います。

それでは、また来週お目にかかりましょう。

감사합니다. 안녕히 계십시오.
 
<著者-幡野 泉>
-1995年早稲田大学第一文学部卒業
-1998年延世大学校韓国語学堂に入学
-留学中にコリア・ヘラルド新聞社主催の「第33回外国人韓国語雄弁大会」 にて
  最優秀賞・文化観光部長官賞を受賞、また延世大学校韓国語学堂の雄弁大会にて第1位
-約1年の留学生活の後、東京にある韓国大手商船会社の日本総代理店に就職
  3年半の間、日韓ビジネスの現場に立つ
-2002年3月「杉並区ビジネスプランコンテスト」にて優勝
  題目は「日韓ビジネス交流の橋渡し」
-2002年8月有限会社アイ・ケー・ブリッジを設立
-2004年4月東京・虎ノ門にて「シゴトの韓国語講座(現・アイケーブリッジ外語学院)」を開講
-2006年4月より、「All About 韓国語」ガイドを務める
-東洋経済日報に「ビジネス韓国語会話」を連載
  メールマガジン「明日からすぐ使える!知ってトクするシゴトの韓国語」を発行中
-著書に『すぐに使えるシゴトの韓国語』『レベルアップ シゴトの韓国語』(いずれも三修社刊)
  『すぐに使えるシゴトの韓国語』(アルク刊)がある

■ お問合わせはこちらまでお願いします。


「アイケーブリッジ外語学院」
https://www.ikbridge.co.jp/

TEL 03-5157-2424

韓流ならワウコリア
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約
韓国語・ハングル情報ならWOW韓国語
Copyright(C) 2004-2012 AISE Inc. All Rights Reserved.