みなさんの’風が吹いた’経験は? ログイン会員登録

明日から使える韓国語 第880号 (2022/03/31)

「みなさんの’風が吹いた’経験は?」

2週連続して当メールマガジンをお休みしてしまいました。創刊以来、初めての
ことかもしれません。このメールマガジンは当社内で決められたパソコンでしか
作成できず、そのパソコンに不具合が起こり、お休みしてしまいました。
もう大丈夫ですが、 ご心配をおかけしてしまったかもしれません。
申し訳ありませんでした。

さて、表題の’風が吹いた’経験……って、何だろう?と思われますよね。

昨年秋のニュースですが、国際的な音楽コンクールとして大変名高い
ショパン国際ピアノコンクールで、日本人の反田恭平さんが2位になりました。

その反田さんが雑誌のインタビューで、ピアノを極めようと思ったきっかけとして、
小学校のときの音楽ワークショップ、指揮者体験での出来事を挙げていました。

そのワークショップで、オーケストラを前にチャイコフスキー「白鳥の湖」の
指揮を振り、「その瞬間に自分の中で風が吹いたのを覚えています」と。

「指揮者になりたい」と思い、ワークショップの指揮者の先生にどうしたら
指揮者になれるか聞いたら、「まずはいましている楽器を極めてみたら」と
アドバイスされ、ピアノを極めることにした、とのことでした。

これを読んだとき、この「風が吹いた」というのが、とても良い表現だな、と
思ったんです。そして、ああ、その感覚、分かる気がする!とも。
(ちなみに、反田さんが受けている同様のインタビュー記事が
ネット上にありますが、「世界が一変した」と書いてあったりもします)

그 순간 내 안에서 바람이 불었던 것이 기억나네요.
(クスンガン ネアネソ パラミプロットンゴシ キオンナネヨ/その瞬間に自分の中で風が吹いたのを覚えています)

皆さんにいま夢中になっているものがあるとして、やはり大なり小なりの
「風が吹いた」ような感覚、ありませんでしたか?

私も趣味で合奏ができるところで音楽を続けていますが、合奏にこだわる
原体験として 「風が吹いた」ことがあったのです。小学校低学年のときの
音楽発表会で、クラスで「虫の声」を体育館の舞台の上で披露しました。
何の楽器を担当していたか(カスタネットとかだったかもしれません)
覚えていませんが、そのとき、明らかに風が吹いたんです。

たまたま音楽の例が続きましたが、スポーツ、文学、ドラマなど、皆さんの
「風が吹いた」経験について聞いてみたいですね。
 
<著者-幡野 泉>
-1995年早稲田大学第一文学部卒業
-1998年延世大学校韓国語学堂に入学
-留学中にコリア・ヘラルド新聞社主催の「第33回外国人韓国語雄弁大会」 にて
  最優秀賞・文化観光部長官賞を受賞、また延世大学校韓国語学堂の雄弁大会にて第1位
-約1年の留学生活の後、東京にある韓国大手商船会社の日本総代理店に就職
  3年半の間、日韓ビジネスの現場に立つ
-2002年3月「杉並区ビジネスプランコンテスト」にて優勝
  題目は「日韓ビジネス交流の橋渡し」
-2002年8月有限会社アイ・ケー・ブリッジを設立
-2004年4月東京・虎ノ門にて「シゴトの韓国語講座(現・アイケーブリッジ外語学院)」を開講
-2006年4月より、「All About 韓国語」ガイドを務める
-東洋経済日報に「ビジネス韓国語会話」を連載
  メールマガジン「明日からすぐ使える!知ってトクするシゴトの韓国語」を発行中
-著書に『すぐに使えるシゴトの韓国語』『レベルアップ シゴトの韓国語』(いずれも三修社刊)
  『すぐに使えるシゴトの韓国語』(アルク刊)がある

■ お問合わせはこちらまでお願いします。


「アイケーブリッジ外語学院」
https://www.ikbridge.co.jp/

TEL 03-5157-2424

韓流ならワウコリア
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約
韓国語・ハングル情報ならWOW韓国語
Copyright(C) 2004-2012 AISE Inc. All Rights Reserved.