悪夢~イロボリダとイジョボリダ ログイン会員登録

明日から使える韓国語 第867号 (2021/12/02)

「悪夢~イロボリダとイジョボリダ」

わりと最近、このコーナーで私がよく見る(悪)夢について書きましたが、
またその悪夢シリーズの一つを見ました。
先日、オーケストラの舞台でラヴェルの「ボレロ」を演奏しました。ラヴェルが
管楽器にいろいろチャレンジングなことを課した曲として有名で、トロンボーンの
ソロがその中でも非常に難しいとされています。よくオーディションに使われるとか、
このミスが原因で首になったとか…逸話はいろいろあります。
その曲の冒頭はフルートのソロから始まりますが、普段高音を担当するフルート
に、再低音を含む低音のメロディを吹かせるのです。で、夢の中の私は舞台裏
でいよいよ本番に挑みます。誰かに何か話しかけられました。その内容は
覚えていないのですが、それに「えっ!」と驚いた私は一旦楽器を離します。
そして持とうと思ったら、楽器がない…。どうしよう、あと少しで出番、大変だ。
そうすると、同じメーカーの楽器を持つ仲間が、これを吹いたらどうか?と。
話すと長くなるのですが、私の使う楽器は古く、ヴィンテージ扱いをされている
もので、一般的に音程が低いものが多い。知り合いの楽器を吹いたところ、
とても低い!あんなにソロの音程が低くならないように頑張って練習したのに、
これじゃあ舞台に立てない。探さなきゃ!と建物を出る、そして、またよく見る
建物の中や外を歩き回る夢に切り替わり……。目を覚ました時、
「ああーー、夢で良かった」。
무대 뒤에서 악기를 잃어버리는 악몽을 꾸었어요.
(ムデ トゥィエソ アッキル イロボリヌン アンモンウr ックオッソヨ
/舞台裏で楽器をなくす悪夢をみました)
失くす、は、韓国語で「잃어버리다(イロボリダ)」ですが、かなり多くの韓国人が
これを「잊어버리다(イジョボリダ)」と言います。「잊어버리다」は、「忘れる、
忘れてしまう」ですね。外国語話者のほうが、むしろ気付きやすい韓国語の
間違いの一つと言えましょう。
さて、悪夢は言ったほうが良いということで、ここに書いたからにはきっと、私の
楽器は今後ますます良い働きをしてくれることでしょう!
 
<著者-幡野 泉>
-1995年早稲田大学第一文学部卒業
-1998年延世大学校韓国語学堂に入学
-留学中にコリア・ヘラルド新聞社主催の「第33回外国人韓国語雄弁大会」 にて
  最優秀賞・文化観光部長官賞を受賞、また延世大学校韓国語学堂の雄弁大会にて第1位
-約1年の留学生活の後、東京にある韓国大手商船会社の日本総代理店に就職
  3年半の間、日韓ビジネスの現場に立つ
-2002年3月「杉並区ビジネスプランコンテスト」にて優勝
  題目は「日韓ビジネス交流の橋渡し」
-2002年8月有限会社アイ・ケー・ブリッジを設立
-2004年4月東京・虎ノ門にて「シゴトの韓国語講座(現・アイケーブリッジ外語学院)」を開講
-2006年4月より、「All About 韓国語」ガイドを務める
-東洋経済日報に「ビジネス韓国語会話」を連載
  メールマガジン「明日からすぐ使える!知ってトクするシゴトの韓国語」を発行中
-著書に『すぐに使えるシゴトの韓国語』『レベルアップ シゴトの韓国語』(いずれも三修社刊)
  『すぐに使えるシゴトの韓国語』(アルク刊)がある

■ お問合わせはこちらまでお願いします。


「アイケーブリッジ外語学院」
https://www.ikbridge.co.jp/

TEL 03-5157-2424

韓流ならワウコリア
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約
韓国語・ハングル情報ならWOW韓国語
Copyright(C) 2004-2012 AISE Inc. All Rights Reserved.