憧れのファーストクラス ログイン会員登録

明日から使える韓国語 第857号 (2021/09/16)

「憧れのファーストクラス」

コロナ禍で、旅行会社や航空会社がオンラインツアーを実施していますね。

 

先日、日本の大手航空会社のジェット機のファーストクラスがレストラン

として開放され、ファーストクラスに搭乗した気分で食事ができるという

商品を見ました。

 

「わ~、行ってみたい!」と言っていたところ、夫は「はぁ?」という反応。

飛びもしない飛行機で食事をして、何が楽しいのか、というようなことを

言うではありませんか。ええー、めちゃくちゃワクワクしますけど!?

 

ふむ……、そもそも飛行機のファーストクラスにあまり興味がないのでしょう。

 

さて、そんな憧れのファーストクラス……

最近、書籍の開発に携わる中で、こんな例文がありました。

 

우아-, 퍼스트 클래스 좌석이 제 방보다 크네요.

(ウアー、ボストゥ クrレス チュァソギ チェ バンポダ クネヨ

/うわー、ファーストクラスの座席は私の部屋より大きいですね)

 

何人もが、何回も原稿をチェックして、いよいよ完成というときに、

とあるご担当の方が「いまさらなんですが、この日本語変えた方が

いいでしょうか」とおっしゃいました。

皆さんは何が問題になったか分かりますか?その方曰く、

 

「部屋って、大きいじゃなくて広いですよね」

 

みんなで「あっ、そうですね」と。

 

その後、いや、「座席」に「広い」は使うのか。

いや、この「座席」とはスペース全体のことを指している、等の議論をし、

広いを採用しました。

 

盲目的になるものだな、と思いましたね。広いでは?と気づかれた方は、

韓国語がわからない方でした。

 

さて、いまではYouTubeなんかでもファーストクラスの機内の様子を

楽しむことができますが、いつか飛ぶ飛行機のファーストクラスで

食事がしてみたいです!


 
<著者-幡野 泉>
-1995年早稲田大学第一文学部卒業
-1998年延世大学校韓国語学堂に入学
-留学中にコリア・ヘラルド新聞社主催の「第33回外国人韓国語雄弁大会」 にて
  最優秀賞・文化観光部長官賞を受賞、また延世大学校韓国語学堂の雄弁大会にて第1位
-約1年の留学生活の後、東京にある韓国大手商船会社の日本総代理店に就職
  3年半の間、日韓ビジネスの現場に立つ
-2002年3月「杉並区ビジネスプランコンテスト」にて優勝
  題目は「日韓ビジネス交流の橋渡し」
-2002年8月有限会社アイ・ケー・ブリッジを設立
-2004年4月東京・虎ノ門にて「シゴトの韓国語講座(現・アイケーブリッジ外語学院)」を開講
-2006年4月より、「All About 韓国語」ガイドを務める
-東洋経済日報に「ビジネス韓国語会話」を連載
  メールマガジン「明日からすぐ使える!知ってトクするシゴトの韓国語」を発行中
-著書に『すぐに使えるシゴトの韓国語』『レベルアップ シゴトの韓国語』(いずれも三修社刊)
  『すぐに使えるシゴトの韓国語』(アルク刊)がある

■ お問合わせはこちらまでお願いします。


「アイケーブリッジ外語学院」
https://www.ikbridge.co.jp/

TEL 03-5157-2424

韓流ならワウコリア
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約
韓国語・ハングル情報ならWOW韓国語
Copyright(C) 2004-2012 AISE Inc. All Rights Reserved.