黙祷を捧げます ログイン会員登録

明日から使える韓国語 第832号 (2021/03/11)

「黙祷を捧げます」

       

本日は311日、忘れもしない東日本大震災から10年が経ちました。

この間、テレビや新聞で震災の特集を見ては当時の記憶をよみがえらせたり、

まだ続く問題を知ったりなど、 つくづく、私たちはとてつもなく大変なことに

ぶちあたってしまったと改めて思いました。家族を亡くした方、行方不明の方などの

ことを思うと、さらに言葉にならずにいます。



この間、震災遺児を支援する団体に寄付をする目的のチャリティーコンサートに

出演してきました。出演料の他にチケットノルマがあり、普通の演奏会なら

自分が出演する演奏会チケットは友人にプレゼントしたりすることもありますが、

チャリティーのときは、来てくれる人からは代金をお預かりし、寄付をしています。



共演、指導をしてくださるフルーティストの先生が宮城県ご出身ということもあり、

演奏会当日は、震災に関わったり、関わらなかったりする地元の話をしてくださり、

出演者、来場者すべてが被災地の昔と今に思いを馳せます。



10年が経ちましたが、まだまだこれからも、あのときのことを忘れずに、大自然、

その先の大災害があることを想定しながら、日々生活しないといけませんね。



いまこうして元気でいることに感謝し、今日は午後246分に黙祷を捧げようと思います。



오늘 오후 2 46분에 묵념을
겁니다
.

(オヌr オフ トゥシ サシmニュkプネ ムンニョムr rmニダ


/本日午後246分に黙祷を捧げるつもりです)



この例文、パッチムが多くて、発音変化が多くて、難しいですね

韓国語は「묵도(ムkト/黙祷)」よりも、「묵념(ムンニョm/黙念)」を使います。



 
<著者-幡野 泉>
-1995年早稲田大学第一文学部卒業
-1998年延世大学校韓国語学堂に入学
-留学中にコリア・ヘラルド新聞社主催の「第33回外国人韓国語雄弁大会」 にて
  最優秀賞・文化観光部長官賞を受賞、また延世大学校韓国語学堂の雄弁大会にて第1位
-約1年の留学生活の後、東京にある韓国大手商船会社の日本総代理店に就職
  3年半の間、日韓ビジネスの現場に立つ
-2002年3月「杉並区ビジネスプランコンテスト」にて優勝
  題目は「日韓ビジネス交流の橋渡し」
-2002年8月有限会社アイ・ケー・ブリッジを設立
-2004年4月東京・虎ノ門にて「シゴトの韓国語講座(現・アイケーブリッジ外語学院)」を開講
-2006年4月より、「All About 韓国語」ガイドを務める
-東洋経済日報に「ビジネス韓国語会話」を連載
  メールマガジン「明日からすぐ使える!知ってトクするシゴトの韓国語」を発行中
-著書に『すぐに使えるシゴトの韓国語』『レベルアップ シゴトの韓国語』(いずれも三修社刊)
  『すぐに使えるシゴトの韓国語』(アルク刊)がある

■ お問合わせはこちらまでお願いします。


「アイケーブリッジ外語学院」
https://www.ikbridge.co.jp/

TEL 03-5157-2424

韓流ならワウコリア
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約
韓国語・ハングル情報ならWOW韓国語
Copyright(C) 2004-2012 AISE Inc. All Rights Reserved.