ウリ の使い方について ログイン会員登録

ウリ の使い方について
「우리」 という単語は辞書などで調べると
「私たち」と訳されていますが
ドラマを見ていると、話の流れからいくと
「私の」の方が合うシーンで、実際に字幕も
「私の」と訳されている場面や、「私の」がなくてもいい時も
「우리」と言ってるように聞こえます。
どのように使うのでしょうか?
  
回答数:4 | 閲覧数:40233 | 質問日時:10/12/12 16:08 | 質問者:犬の紋次郎
この質問に回答する
回答数(4件) 評価点数順 | 最新から表示
ベスト回答に選ばれた回答 10/12/12 21:58 | jun-gon
私は小学館の朝鮮語辞典を使っています
「우리」を調べると次のように書かれています

1私たち、我々
2私たちの、我々の、わが、うちの

特に2番の方なのですが、「私たち」という複数の意味と
「わが、うちの」という「私の」(単数)の意味がありますので
字幕が「私の」となる場面もあります
(「うちの」という訳が一番日本語の感覚に近いような気がします)

日本語では「お父さんが~」と、敢えて「ウチのお父さんが~」とは言わない状況でも
韓国語では「우리 아버지가」と言うように、少し우리を多用するようです


少し脇に逸れてしまうかもしれませんが
우리は自分の家族、自分が所属している組織などについて「私の~」と言う際に用います
例えば「私の(勤めている)会社」「うちの会社」を「우리 회사」と言います

直訳して「내 회사」(私の会社)とすると
「私が所有している会社」の意味、自分が経営している会社などになってしまいます
コメントを書く | この回答を「役に立つ質問」に推薦します
コメント
10/12/13 12:31 | Barry
他の方も書かれていますが
韓国だと家族の絆というかつながりがかなり強いですよね。
それに伴って、組織やグループみたいな輪が非常に濃厚で
仲間意識を持ってウリを使っているんだなと私は解釈しています。

なので、かみさん、旦那・・・・というのも「家の家族」という意味でウリなんですよね。

恋人同士でも、なにか共有するようなことに対してもウリを使いますし、
友達以上恋人未満な間柄で男性が「ウリ○○~」を使うと、女性のほうは
「あ、この人私のこと好き?」みたいに思うようです。

ウリを使う間柄は、非常に近しい間柄ということなんだと思います。

日本でも若い女の子たちが友達や恋人とのことを「うちら」と言いますよね。
そんな感覚と近いのかなぁと思ってます。

質問の回答になっていないかもしれませんが、韓国人のこんな感覚をちょっと
でもわかるかなぁと思って回答してみました。^^;
コメントを書く | この回答を「役に立つ質問」に推薦します
コメント
10/12/22 12:51 | shoney
こんにちは。

韓国に嫁いでいる者です。
日本語でそのままウリと言う韓国語を訳すとおかしくなりがちな
場面が結構多いと思います。

たとえば、私の子供たちを韓国の義祖母が(義母じゃなく)
「ウリアギ」と呼びますよ。なんか最初はしっくりきませんでしたけど。

国のこともウリナラですし、だんなのことを指して話すときも
ウリシンランですし。。

なんでも自分のサイドの人や物、事柄についてウリを使うことが多いと
思います。参考まで。。
コメントを書く | この回答を「役に立つ質問」に推薦します
コメント
10/12/13 00:41 | 更紗公主
辞書で例題を見たところ、色々な中に以下がありました。
ウリ マヌラ→うちのかみさん
ウリ アボジ→私の父

兄弟がいたらウリアボジっていうのはわかるのですが、
ウリ マヌラは日本人の感覚からすると不思議ですよね。
私もドラマで、ウリ ナンピョン→うちの旦那を聞いたことがあります(笑)
一夫多妻制?って言いたくなりましたが。。。。

団結というか、仲間で行動するのが好きだからウリなのかしらと
思っています。こういうのを「情」っていうんですかね???
一人で食事する人が珍しいそうですから。
コメントを書く | この回答を「役に立つ質問」に推薦します
コメント
似ている質問をおすすめします。
歌詞の翻訳しようと 翻訳サイトを 利用しましたが 上手くできません。 分かる方 お願いしま…
韓流ドラマで良く「アイゴ~」「アイウー」など、字幕や場面から想像すると(まったく!)という…
ミニホムピィ?とUFOTOWNの仕組みや使い方など細かく教えてください。 ufotown…
韓流ならワウコリア
ログインすると、質問や回答を投稿できます。
ID(email)
パスワード
次回からID入力を省略 | 無料会員登録
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約
韓国語・ハングル情報ならWOW韓国語
Copyright(C) 2004-2012 AISE Inc. All Rights Reserved.