マグニチュード ログイン会員登録

明日から使える韓国語 第821号 (2020/12/10)

「マグニチュード」


もう12月。今年はコロナで始まり、コロナで終わり、そしてまだ続く……という感じで、

「締めくくる」雰囲気にはなかなかなりませんね。

 

でも、来年はもうすぐそこ。2021年、オリンピックが東京で、おそらく開かれるでしょう。

そして、東日本大震災から10年という節目を迎えます。



 



コロナ流行も私たちの生活を脅かしましたが、見えないものであるので、



どうも怖さを実感しにくい、という側面があると思います。



 



一方、「地震、雷、火事…」とはよく言ったもので、地震の恐怖は身体に迫ってくる



ので、東日本大震災の時の揺れとその後続いた不安を思い出すたびに、



心がざわつきます。



 



さて、地震の規模はご存知「マグニチュード」で表しますが、韓国語ではどう表すか



ご存知ですか?



 



리히터 규모(リヒト キュモ/リヒター規模、マグニチュード)



 



します



 



2016 912 오후 832



경북 경주에서 리히터 규모 5.8 지진이 일어났다.



(イチョン シmニュンニョン クウォr シビイr オフヨドr
mシビブン 



キョンプk キョンジュエソ リヒト キュモ オチョmパレ チジニ イロナッタ/



2016912日午後832分、慶尚北道慶州でマグニチュード5.8の地震が発生した。)



 



「地震は絶対に起こらない」と言われていた韓国で中規模の地震があったのは



数年前のこと。日本も、韓国も、油断はできませんね。



 



以前、メールマガジンで取り上げたことがありますが、韓国語は台風の呼び方も



日本語と異なります。日本は数字に号をつけますが、韓国ではその台風ごとに命名された名前で



呼びますね。しかし、最近日本の報道でも台風の名前を言っているのを聞きました。



国際標準に合わせはじめたのかもしれません。



  




 
<著者-幡野 泉>
-1995年早稲田大学第一文学部卒業
-1998年延世大学校韓国語学堂に入学
-留学中にコリア・ヘラルド新聞社主催の「第33回外国人韓国語雄弁大会」 にて
  最優秀賞・文化観光部長官賞を受賞、また延世大学校韓国語学堂の雄弁大会にて第1位
-約1年の留学生活の後、東京にある韓国大手商船会社の日本総代理店に就職
  3年半の間、日韓ビジネスの現場に立つ
-2002年3月「杉並区ビジネスプランコンテスト」にて優勝
  題目は「日韓ビジネス交流の橋渡し」
-2002年8月有限会社アイ・ケー・ブリッジを設立
-2004年4月東京・虎ノ門にて「シゴトの韓国語講座(現・アイケーブリッジ外語学院)」を開講
-2006年4月より、「All About 韓国語」ガイドを務める
-東洋経済日報に「ビジネス韓国語会話」を連載
  メールマガジン「明日からすぐ使える!知ってトクするシゴトの韓国語」を発行中
-著書に『すぐに使えるシゴトの韓国語』『レベルアップ シゴトの韓国語』(いずれも三修社刊)
  『すぐに使えるシゴトの韓国語』(アルク刊)がある

■ お問合わせはこちらまでお願いします。


「アイケーブリッジ外語学院」
http://www.ikbridge.co.jp/

TEL 03-5157-2424

韓流ならワウコリア
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約
韓国語・ハングル情報ならWOW韓国語
Copyright(C) 2004-2012 AISE Inc. All Rights Reserved.