小確幸 ログイン会員登録

明日から使える韓国語 第796号 (2020/06/11)

「小確幸」



昨日、教室で仕事をしていたところ、通訳クラスご担当の嵯峨山みな子先生が

フラッと来校されました。



あれっ、今日はご担当の日でないよなと思ったところ、近くでご用事があり、

立ち寄ってくださったそうです。



3月末から通訳クラスはオンラインで行っているため、先生とはオンラインでは

何回もお顔を合わせていますが、こうして会うのは数ヶ月ぶりでした。



ほんの10分程度でしたが近況を話し、その後、こんなお話しをお寄せくださいました。



=====

学校の前に咲いていた紫陽花(あじさい)が綺麗だった。情報交換をして、

非対面もいいけどやはり対面はもっといいと実感した。

ここのところ限られた範囲内の移動しかしていなかったので、とても新鮮で、

これが소확행(小確幸、ささやかでも確かな幸せ)なんだなぁと気づかされた。

今年見るあじさいは心に響く。

=====



色とりどりの紫陽花、いまどこを歩いても綺麗に咲いていますね。



소확행(ソファッケン)、数年前に韓国で話題になった言葉ですが、

もとは村上春樹さんのエッセイに出てきた言葉だそう。



여러분은 어떨 소확행을 느껴요 ?

(
ヨロブヌン オットr テ ソファッケンウル ヌッキョヨ?/


皆さんはどんなときに小確幸(しょうかっこう)を感じますか?)



(スマートフォンで「しょうかっこう」と打ってみたら、「小確幸」が出てきました!)



誰もがここ数ヶ月我慢を強いられていましたから、いまがまさに小確幸を感じられるときかもしれません。コロナ流行はまだ油断はできませんが、気を引き締めつつ、小確幸を見つけていきたいと思います。




 
<著者-幡野 泉>
-1995年早稲田大学第一文学部卒業
-1998年延世大学校韓国語学堂に入学
-留学中にコリア・ヘラルド新聞社主催の「第33回外国人韓国語雄弁大会」 にて
  最優秀賞・文化観光部長官賞を受賞、また延世大学校韓国語学堂の雄弁大会にて第1位
-約1年の留学生活の後、東京にある韓国大手商船会社の日本総代理店に就職
  3年半の間、日韓ビジネスの現場に立つ
-2002年3月「杉並区ビジネスプランコンテスト」にて優勝
  題目は「日韓ビジネス交流の橋渡し」
-2002年8月有限会社アイ・ケー・ブリッジを設立
-2004年4月東京・虎ノ門にて「シゴトの韓国語講座(現・アイケーブリッジ外語学院)」を開講
-2006年4月より、「All About 韓国語」ガイドを務める
-東洋経済日報に「ビジネス韓国語会話」を連載
  メールマガジン「明日からすぐ使える!知ってトクするシゴトの韓国語」を発行中
-著書に『すぐに使えるシゴトの韓国語』『レベルアップ シゴトの韓国語』(いずれも三修社刊)
  『すぐに使えるシゴトの韓国語』(アルク刊)がある

■ お問合わせはこちらまでお願いします。


「アイケーブリッジ外語学院」
http://www.ikbridge.co.jp/

TEL 03-5157-2424

韓流ならワウコリア
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約
韓国語・ハングル情報ならWOW韓国語
Copyright(C) 2004-2012 AISE Inc. All Rights Reserved.