収束と終息 ログイン会員登録

明日から使える韓国語 第788号 (2020/03/26)

「収束と終息」



昨今、ニュースやSNSのタイムラインは新型コロナの話題でもちきりですが、

先日Twitterを眺めていたら、仕事上のお知り合いがこんなことを書いていました。

本人の許可を得て、こちらに載せますと、



=====

ちょっと自分でもあやふやなところがあったのですが、

「収束」は騒ぎが落ち着くこと

「終息」は完全に終わること

なのですね。「感染症が収束する」「感染症が終息する」はどちらも使うけれど、

意味合いが変わってくる。しゅうそく宣言は「終息宣言」のみです。

=====



なるほど、私も特に意識せず見たり使ったりしていた気がします。



韓国のニュースやSNSを眺めると、この「収束」や「終息」に似た表現としては



코로나19 사태가 빨리
수습되길
바래요
.

(コロナ イrグ サテガ パrリ ススp テギr パレヨ


/新型コロナ騒動が早く収束することを願います)



코로나19 사태가 종식되지
않은
상황에서
올림픽을


없다
.

(コロナ イrグ サテガ チョンシk テジ アヌン
サンファンエソ オrリンピグr rス オタ


/新型コロナ騒動が終息しない状況でオリンピックの開催はできない)



などが見受けられます。



それぞれ辞書を調べると、수습は、「収拾」(しゅうしゅう/混乱を収める、の意)、

종식は、「終(火へんに息)」という漢字になっていました。それぞれ微妙な違いが

ありますね。



収束、の表現はまだありそうな気がするので、これからも韓国の人たちの表現を

チェックしていきたいと思います。




   
 
<著者-幡野 泉>
-1995年早稲田大学第一文学部卒業
-1998年延世大学校韓国語学堂に入学
-留学中にコリア・ヘラルド新聞社主催の「第33回外国人韓国語雄弁大会」 にて
  最優秀賞・文化観光部長官賞を受賞、また延世大学校韓国語学堂の雄弁大会にて第1位
-約1年の留学生活の後、東京にある韓国大手商船会社の日本総代理店に就職
  3年半の間、日韓ビジネスの現場に立つ
-2002年3月「杉並区ビジネスプランコンテスト」にて優勝
  題目は「日韓ビジネス交流の橋渡し」
-2002年8月有限会社アイ・ケー・ブリッジを設立
-2004年4月東京・虎ノ門にて「シゴトの韓国語講座(現・アイケーブリッジ外語学院)」を開講
-2006年4月より、「All About 韓国語」ガイドを務める
-東洋経済日報に「ビジネス韓国語会話」を連載
  メールマガジン「明日からすぐ使える!知ってトクするシゴトの韓国語」を発行中
-著書に『すぐに使えるシゴトの韓国語』『レベルアップ シゴトの韓国語』(いずれも三修社刊)
  『すぐに使えるシゴトの韓国語』(アルク刊)がある

■ お問合わせはこちらまでお願いします。


「アイケーブリッジ外語学院」
http://www.ikbridge.co.jp/

TEL 03-5157-2424

韓流ならワウコリア
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約
韓国語・ハングル情報ならWOW韓国語
Copyright(C) 2004-2012 AISE Inc. All Rights Reserved.