で、結局どうなった? ログイン会員登録

明日から使える韓国語 第787号 (2020/03/19)

「で、結局どうなった? 」

最近、仕事をしていて、ふと韓国人先生たちの話す会話から

「あれ、いまの表現、なんだろう」と思ったものがありました。

뷔가 나오긴 나왔어요? (ヴィガ ナオギン ナワッソヨ?)



直訳すると、「Vが出てくることは出てきましたか?」です。



Vというのは、超人気グループ「防弾少年団(BTS)」の

V(
ヴィの愛称で親しまれるキム・テヒョン君)です。



「レモナ」という韓国定番のビタミン剤があるのですが、いまその商品が

防弾少年団とのコラボで、メンバーの写真が

個包装されたパッケージに載っているのです。



そしてこれがまたファン心理をくすぐるのですが、メンバーの誰の写真が

載っているかは、封を切らないとわからないのです。そう、お目当ての人が

出てくることを望み、かい続けてしまうわけですね。



Vファンの先生が、大量にレモナを買った、という話をしていて、別の先生が、



뷔가 나오긴 나왔어요? (ヴィガ ナオギン ナワッソヨ?)



と言ったのです。



そこで私は、「ん?」と思ったわけです。



뷔가 나왔어요?

(
ヴィガ ナワッソヨ?/Vが出てきましたか?



でなくて、わざわざ



뷔가 나오긴 나왔어요?

(
ヴィガ ナオギン ナワッソヨ?/Vが出てくることは出てきましたか?)



となるのはどうしてか、と。



そこで、ツカツカと先生たちに歩み寄り、その二つの違いを聞いてみたところ、



後者は、



결국 뷔가 나왔어요?

(
キョグヴィガ ナワッソヨ?/で、結局、Vは出てきましたか?)



というニュアンスになるのだとか。



さすがプロの先生たちだけあって、「ある会話があって、で、結局それ、

どうなったわけ?」というシチュエーションで使うのだというのを

他の例文を交えながら端的に教えてくれました。



하다(キン ハダ /ことはする)



にそんな用法、ニュアンスがあることを知らず、目から鱗でした。



ちょっとしたオチですが、大量に「レモナ」を買った先生は、一つもVに遭遇

しなかったそうです。なんて気の毒な……





 
<著者-幡野 泉>
-1995年早稲田大学第一文学部卒業
-1998年延世大学校韓国語学堂に入学
-留学中にコリア・ヘラルド新聞社主催の「第33回外国人韓国語雄弁大会」 にて
  最優秀賞・文化観光部長官賞を受賞、また延世大学校韓国語学堂の雄弁大会にて第1位
-約1年の留学生活の後、東京にある韓国大手商船会社の日本総代理店に就職
  3年半の間、日韓ビジネスの現場に立つ
-2002年3月「杉並区ビジネスプランコンテスト」にて優勝
  題目は「日韓ビジネス交流の橋渡し」
-2002年8月有限会社アイ・ケー・ブリッジを設立
-2004年4月東京・虎ノ門にて「シゴトの韓国語講座(現・アイケーブリッジ外語学院)」を開講
-2006年4月より、「All About 韓国語」ガイドを務める
-東洋経済日報に「ビジネス韓国語会話」を連載
  メールマガジン「明日からすぐ使える!知ってトクするシゴトの韓国語」を発行中
-著書に『すぐに使えるシゴトの韓国語』『レベルアップ シゴトの韓国語』(いずれも三修社刊)
  『すぐに使えるシゴトの韓国語』(アルク刊)がある

■ お問合わせはこちらまでお願いします。


「アイケーブリッジ外語学院」
http://www.ikbridge.co.jp/

TEL 03-5157-2424

韓流ならワウコリア
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約
韓国語・ハングル情報ならWOW韓国語
Copyright(C) 2004-2012 AISE Inc. All Rights Reserved.