どの国も、市民は一緒 ログイン会員登録

明日から使える韓国語 第779号 (2020/01/24)

「どの国も、市民は一緒」



毎週火曜日夜、テレビ東京で放映されている「ガイヤの夜明け」をご存知ですか?

歴史の長い有名なドキュメンタリー番組ですよね。



先日ふと新聞を眺めていたら、北朝鮮に関する内容だったのでテレビをつけました。

番組はすでに後半に差し掛かっており、

謎の隣国…北朝鮮潜入~経済制裁下で独自取材!
の中の、最後のコーナー、

【なぜ北朝鮮に日本人!?60年前に知られざる生活とは】を見ました。



60年前に、「北朝鮮は楽園」と、多くの在日朝鮮人の人々が北朝鮮に渡りました。

その在日朝鮮人と結婚していた日本人女性も一緒に行くわけですね。



そんな背景で、お姉さんが北朝鮮に渡ったまま会えなくなった、という

熊本県に住む林恵子さん。しかし、数年前にお姉さんと感動の再会を果たし、

今回はお姉さんのお孫さんの結婚式に招待されたのです。



カメラはそのお姉さんや家族とのひとときや結婚式にまで入り、

仲睦まじく話す様子、結婚式の様子が放映されました。



お姉さんのお子さんたち、お孫さんたちが温かく林さんを迎えます。

林さんは自分の息子さんと一緒に行ったのですが、

息子さんがお孫さん(結婚式を挙げる青年)に、

「日本に対する印象は良くないですよね」と聞きました。



するとお孫さんが、

「家族だから、そんなふうには思いませんよ。家族じゃないですか」

と言うのです。



その様子を見て、私が夏に韓国に行ったときに、タクシーの運転手さんに

言われた一言を思い出しました。



어느 나라나 시민은 같다고 봐요.

(オヌナラナ シミヌン タ カッタゴ ポァヨ


/どの国も、市民はみんな一緒だと思います)



日韓関係の悪化について話すなか出てきた一言ですが、心に深く残っています。



北朝鮮で林さんを迎える家族の皆さんの笑顔が温かいこと。

「ガイヤの夜明け」の取材班の方々、よくこれをカメラで撮ってくれた、と。

ステレオタイプのものでなく、こんな報道が増えることを願っています。




   
 
<著者-幡野 泉>
-1995年早稲田大学第一文学部卒業
-1998年延世大学校韓国語学堂に入学
-留学中にコリア・ヘラルド新聞社主催の「第33回外国人韓国語雄弁大会」 にて
  最優秀賞・文化観光部長官賞を受賞、また延世大学校韓国語学堂の雄弁大会にて第1位
-約1年の留学生活の後、東京にある韓国大手商船会社の日本総代理店に就職
  3年半の間、日韓ビジネスの現場に立つ
-2002年3月「杉並区ビジネスプランコンテスト」にて優勝
  題目は「日韓ビジネス交流の橋渡し」
-2002年8月有限会社アイ・ケー・ブリッジを設立
-2004年4月東京・虎ノ門にて「シゴトの韓国語講座(現・アイケーブリッジ外語学院)」を開講
-2006年4月より、「All About 韓国語」ガイドを務める
-東洋経済日報に「ビジネス韓国語会話」を連載
  メールマガジン「明日からすぐ使える!知ってトクするシゴトの韓国語」を発行中
-著書に『すぐに使えるシゴトの韓国語』『レベルアップ シゴトの韓国語』(いずれも三修社刊)
  『すぐに使えるシゴトの韓国語』(アルク刊)がある

■ お問合わせはこちらまでお願いします。


「アイケーブリッジ外語学院」
http://www.ikbridge.co.jp/

TEL 03-5157-2424

韓流ならワウコリア
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約
韓国語・ハングル情報ならWOW韓国語
Copyright(C) 2004-2012 AISE Inc. All Rights Reserved.