新しい? シゴトの韓国語~引退しました ログイン会員登録

明日から使える韓国語 第778号 (2020/01/16)

「新しい? シゴトの韓国語~引退しました」



当校は委託研修業務として、企業等、指定先に出向いてのレッスンも行っています。



とある依頼者様が主催する講座は、受講される会員の方の平均年齢が60歳以上で、

皆さん、知識教養を深めるために韓国語を勉強されています。



この前、自己紹介の練習をしたのですが、



저는
회사원이에요. (チョヌン フェサウォニエヨ/私は会社員です)



という例文があり、教材にはこの「회사원(フェサウォン/会社員)」のところに

入れることができる、いろんな単語が羅列されていました。



すると、受講生の方から質問が。「引退しました、は、韓国語でどう言うのですか?」と。

なるほど、会員の方々はもう会社を退職している方が多いのだな、と気付きました。



ちなみに、「引退しました」は、



은퇴했어요.(ウントェヘッソヨ)



ですが、日本と同様、芸能人の引退等のイメージが強く、会社を退職した場合は、



퇴직했어요.(トェジッケッソヨ/退職しました)



がぴったりくる言葉となります。



講師が説明をしながら、「自己紹介なので、引退しました等は無理に言わなくても

いいかもしれませんね」ともアドバイスしたのですが、受講生の方は、

「欠かせない」と思っていらっしゃるようでした。



あとでスタッフが、「(退職、でなく)引退した」というと、「いまは仕事をせず、

悠々自適に韓国語を勉強していますよ」という余裕を感じさせられるので、

ここをアピールしたいのでは、とも分析していました。



なるほど、そんな心理の方もいらっしゃるのかもしれませんね。

選択する言葉一つひとつに込められた意味について考えさせられました。



新しいジャンルとしてシゴトを[引退]した韓国語でいろんなフレーズが出てきそうです!



 
<著者-幡野 泉>
-1995年早稲田大学第一文学部卒業
-1998年延世大学校韓国語学堂に入学
-留学中にコリア・ヘラルド新聞社主催の「第33回外国人韓国語雄弁大会」 にて
  最優秀賞・文化観光部長官賞を受賞、また延世大学校韓国語学堂の雄弁大会にて第1位
-約1年の留学生活の後、東京にある韓国大手商船会社の日本総代理店に就職
  3年半の間、日韓ビジネスの現場に立つ
-2002年3月「杉並区ビジネスプランコンテスト」にて優勝
  題目は「日韓ビジネス交流の橋渡し」
-2002年8月有限会社アイ・ケー・ブリッジを設立
-2004年4月東京・虎ノ門にて「シゴトの韓国語講座(現・アイケーブリッジ外語学院)」を開講
-2006年4月より、「All About 韓国語」ガイドを務める
-東洋経済日報に「ビジネス韓国語会話」を連載
  メールマガジン「明日からすぐ使える!知ってトクするシゴトの韓国語」を発行中
-著書に『すぐに使えるシゴトの韓国語』『レベルアップ シゴトの韓国語』(いずれも三修社刊)
  『すぐに使えるシゴトの韓国語』(アルク刊)がある

■ お問合わせはこちらまでお願いします。


「アイケーブリッジ外語学院」
http://www.ikbridge.co.jp/

TEL 03-5157-2424

韓流ならワウコリア
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約
韓国語・ハングル情報ならWOW韓国語
Copyright(C) 2004-2012 AISE Inc. All Rights Reserved.