シャーイシャーイ、ベリーベリーシャーイ ログイン会員登録

明日から使える韓国語 第772号 (2019/11/28)

「シャーイシャーイ、ベリーベリーシャーイ」



先週のアイケーブリッジ通信(この次のコーナー)で、アメリカの「話しかける文化」

について取り上げました。そこで一つ思い出したエピソードがあったので、

今週取り上げたいと思います。



いま市町村の計らいで小中学校に英語圏のネイティブの先生が来てくれ、

会話授業を行うというのは全国的に一般化してきていると思いますが、

これが始まりだしたのは、調べてみたところ1980年代のようです。

そう、ちょうど私が中学校で英語を学び始めたころ。



私の学ぶクラスにも女性の西洋人の先生が来て、笑顔で軽やかに、

机の間を行ったり来たりしながら私たちに話しかけてくれました。



しかし……ほぼ全員が、うつむいて反応しません。なすすべなく困り果てた先生が、

授業の最後、大きくため息をつき、黒板に大きく、Shy! Shy! very very shy!

と書きながら、首を振って私たちにうったえかけました。これまで日本人の


先生が書いていたローマ字の書き方と違う、ネイティブ先生らしい、

いままで見たことがないようなやや崩れた文字。いまでも目に焼き付いていますし、

この授業で唯一忘れられない単語、フレーズです。



この「Shy」は、韓国語や日本語では、



수줍다(スジュpタ/恥ずかしがり屋だ), 수붑어하다(スジュボハダ/恥ずかしがる)



우리반
학생들은
수줍어하는
스타일이라
말이
많지
않은
편이에요..

(
ウリ バン ハkセンドゥルン スジュボハヌン スタイリラ マリ マンチ アヌン ピョニエヨ


/私たちのクラスの学生たちは恥ずかしがり屋のタイプが多くて、口数が少ないです)



となりますが、なんと言いますか、Shy自体の概念的なものは、先日のUSJでの

「話しかける文化」が根底にある英語圏ならではの概念のような気もしています。

言い換えると、英語圏の人たちにとって、日常的に明るく会話することに慣れて

いない私たちアジア圏の人々はみんなshyに見えてしまうのではないか、と。



中学生のその授業では、反応できない自分たちをもどかしく思い、先生の

困った気持ちやいらだちのようなものに対し申し訳なく思ったものですが、

当時の日本の状況や、都会とは言いがたい地元の環境、 それまでの

英語学習環境を思うと、仕方なかったのかなと思います。



いまでは子供の英語学習がさかんで、小中学校の英語授業も活気づいてきて

いるようです。教育の力で、だんだんと変わっていく、変えていくしかないのですね。



 
<著者-幡野 泉>
-1995年早稲田大学第一文学部卒業
-1998年延世大学校韓国語学堂に入学
-留学中にコリア・ヘラルド新聞社主催の「第33回外国人韓国語雄弁大会」 にて
  最優秀賞・文化観光部長官賞を受賞、また延世大学校韓国語学堂の雄弁大会にて第1位
-約1年の留学生活の後、東京にある韓国大手商船会社の日本総代理店に就職
  3年半の間、日韓ビジネスの現場に立つ
-2002年3月「杉並区ビジネスプランコンテスト」にて優勝
  題目は「日韓ビジネス交流の橋渡し」
-2002年8月有限会社アイ・ケー・ブリッジを設立
-2004年4月東京・虎ノ門にて「シゴトの韓国語講座(現・アイケーブリッジ外語学院)」を開講
-2006年4月より、「All About 韓国語」ガイドを務める
-東洋経済日報に「ビジネス韓国語会話」を連載
  メールマガジン「明日からすぐ使える!知ってトクするシゴトの韓国語」を発行中
-著書に『すぐに使えるシゴトの韓国語』『レベルアップ シゴトの韓国語』(いずれも三修社刊)
  『すぐに使えるシゴトの韓国語』(アルク刊)がある

■ お問合わせはこちらまでお願いします。


「アイケーブリッジ外語学院」
http://www.ikbridge.co.jp/

TEL 03-5157-2424

韓流ならワウコリア
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約
韓国語・ハングル情報ならWOW韓国語
Copyright(C) 2004-2012 AISE Inc. All Rights Reserved.