’現金領収証’、必要ですか? ログイン会員登録

明日から使える韓国語 第767号 (2019/10/24)

「’現金領収証’、必要ですか?」



夏に訪韓した際、コンビニ等で買い物をしながら、「このフレーズ、韓国旅行が

初めての人や韓国語初心者の方は戸惑うだろうな」と改めて思ったものに、



봉투
필요하세요?

(ポントゥ ピリョハセヨ?/袋は必要ですか?)



현금
영수증
필요하세요?

(ヒョングm ヨンスジュン ピリョハセヨ?/現金領収証は必要ですか?)



があります。



前者は意味さえ分かればすぐピンとくると思いますが(ちなみにほとんどの

お店は袋が有料)、後者の方は、それをもらうともらわないとで、

何が違うのかが分からず、とっさに判断ができない。

レジから離れても なんだかモヤモヤし続けてしまいがち……



現金領収証制度は2005年に導入された制度ですが、消費者観点から話すと、

現金で買い物をし、それを集めて年末に申告すると所得控除の対象となります。

(詳しくは、こちら韓国旅行「コネスト」



「現金で」買い物をするとお得な韓国。一方で、消費税増税の10/1月以降、

キャッシュレス・消費者還元事業制度が導入され、「現金なしで」買い物を

するとお得な日本……。なんだか頭がこんがらがります。



袋が有料なので、韓国ではコンビニから買ったものを手に抱えて出てくる人を

多く見ますね。また、黙っていても箸やスプーンを入れてくれる日本とは違う

ので、一言いわれないと、「さあ、食べよう」というときに、「箸がない!」

「スプーンがない!」となることも少なくありません。

聞いてくれるお店もありますが、マニュアル化されてないのか、隅々まで

行き届いていないのか?こちらから言えばいいのですが、日本の感覚が

しみついていると、うっかりぼんやりとモノだけ買ってきてしまいます。



ちょっとした買い物の際のコツ、知っていると知っていないとでは大きく違いますね。



 
<著者-幡野 泉>
-1995年早稲田大学第一文学部卒業
-1998年延世大学校韓国語学堂に入学
-留学中にコリア・ヘラルド新聞社主催の「第33回外国人韓国語雄弁大会」 にて
  最優秀賞・文化観光部長官賞を受賞、また延世大学校韓国語学堂の雄弁大会にて第1位
-約1年の留学生活の後、東京にある韓国大手商船会社の日本総代理店に就職
  3年半の間、日韓ビジネスの現場に立つ
-2002年3月「杉並区ビジネスプランコンテスト」にて優勝
  題目は「日韓ビジネス交流の橋渡し」
-2002年8月有限会社アイ・ケー・ブリッジを設立
-2004年4月東京・虎ノ門にて「シゴトの韓国語講座(現・アイケーブリッジ外語学院)」を開講
-2006年4月より、「All About 韓国語」ガイドを務める
-東洋経済日報に「ビジネス韓国語会話」を連載
  メールマガジン「明日からすぐ使える!知ってトクするシゴトの韓国語」を発行中
-著書に『すぐに使えるシゴトの韓国語』『レベルアップ シゴトの韓国語』(いずれも三修社刊)
  『すぐに使えるシゴトの韓国語』(アルク刊)がある

■ お問合わせはこちらまでお願いします。


「アイケーブリッジ外語学院」
http://www.ikbridge.co.jp/

TEL 03-5157-2424

韓流ならワウコリア
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約
韓国語・ハングル情報ならWOW韓国語
Copyright(C) 2004-2012 AISE Inc. All Rights Reserved.