ムズムズ接客用語‘タロ’ ログイン会員登録

明日から使える韓国語 第758号 (2019/08/22)

「ムズムズ接客用語‘タロ’」



今年の夏は9日間、韓国で過ごしてきました。

日韓の関係悪化が連日ニュースで流れるので、心配する声もありましたが、

韓国に暮らし、日常的に連絡を取り合い、韓国の様子を知らせてくれる

韓国人、日本人がいる私にとっては躊躇(ちゅうちょ)する理由もなく、

無事、行って帰ってきました。



綺麗な海や대게(テゲ/ズワイガニ)など、旅先での何枚かの写真は

当校インスタグラム
にアップしています。

この機会に是非フォローもお願いします!(^^)



さて、訪韓するたびに「これまで聞いていなかった」韓国語に出会い、

勉強になるのですが、「それ、間違った使い方じゃない?」と、

구세대(クセデ/旧世代)丸出しの感想を抱いたりもします。



5年前に久しぶりに訪韓したときは、接客業の人がモノにも

그건 없으세요. 」(クゴン オpスセヨ/それはございません、の意味)と、

本来だったら人への尊敬語である「-()세요(~セヨ/~でいらっしゃる)」を

付けていて気持ち悪くて仕方がなく、当メールマガジンで何回かに渡る

特集を組んだほどです(笑)。



そうしたら、今回!

その「없으세요.(オpスセヨ/ございません、の意味になるよう)」に

さらにムズムズが追加されているではありませんか。



ホテルで、ショップで、私が「○○ 있어요?」(○○ イッソヨ?/○○ありますか?)

と聞くと、複数の人がこう言うのです。



따로
없으세요.(タロ オpスセヨ)



따로(タロ)は、



저희는 부부지만 때문에
따로
살고
있어요
.

(チョイヌン プブジマン イrテムネ タロ サrゴ イッソヨ


/私たちは夫婦ですが仕事のため別々に住んでいます)



식비는 따로 계산해 주세요.

(シkピヌン タロ ケサネ ジュセヨ/食費は別途計算してください)



というように、「別々に、離れて、別途、ほかに」というような意味のはず。



なので、そう言われるたびに、「どこかにはあるけど、今は(ここには)ない」

というふうに瞬間的に捉えてしまい、

「じゃあ、どこかにあるのかな。あるなら教えてほしい」とこれまた

瞬間的に脳内で処理されるので、「ありません」とズバリ言われていることに

気付くのに数秒かかるのでした。



この「タロ」はとても気持ちが悪く、当校で韓国人の先生に尋ねてみたところ、

お一人の先生は、「특별히(トゥッピョリ/特に)」というニュアンスで使っているのだろう、

日常会話としてはそこまで違和感は覚えない、と。



もうお一人の先生は、私と同じように捉えてしまい、違和感を覚えるとのことでした。



想像ですが、「-()세요(~セヨ/~でいらっしゃる)」が登場したのと

同じような理由で、ずばり「ありません」と答えることが失礼なのではという

意識から、やんわりと、無いことを伝えるために出てきたのかな、とも思います。



しかし、たまたま私が気付かなかっただけで、オカシイ用法でも、

最近使われ出したわけでもないのかもしれません。

この「タロ」問題は、タロ、調査してみたいと思っています。



    
   

 
<著者-幡野 泉>
-1995年早稲田大学第一文学部卒業
-1998年延世大学校韓国語学堂に入学
-留学中にコリア・ヘラルド新聞社主催の「第33回外国人韓国語雄弁大会」 にて
  最優秀賞・文化観光部長官賞を受賞、また延世大学校韓国語学堂の雄弁大会にて第1位
-約1年の留学生活の後、東京にある韓国大手商船会社の日本総代理店に就職
  3年半の間、日韓ビジネスの現場に立つ
-2002年3月「杉並区ビジネスプランコンテスト」にて優勝
  題目は「日韓ビジネス交流の橋渡し」
-2002年8月有限会社アイ・ケー・ブリッジを設立
-2004年4月東京・虎ノ門にて「シゴトの韓国語講座(現・アイケーブリッジ外語学院)」を開講
-2006年4月より、「All About 韓国語」ガイドを務める
-東洋経済日報に「ビジネス韓国語会話」を連載
  メールマガジン「明日からすぐ使える!知ってトクするシゴトの韓国語」を発行中
-著書に『すぐに使えるシゴトの韓国語』『レベルアップ シゴトの韓国語』(いずれも三修社刊)
  『すぐに使えるシゴトの韓国語』(アルク刊)がある

■ お問合わせはこちらまでお願いします。


「アイケーブリッジ外語学院」
http://www.ikbridge.co.jp/

TEL 03-5157-2424

韓流ならワウコリア
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約
韓国語・ハングル情報ならWOW韓国語
Copyright(C) 2004-2012 AISE Inc. All Rights Reserved.