‘~です?’が気になる ログイン会員登録

明日から使える韓国語 第737号 (2019/03/14)

「‘~です?’が気になる」

       

年度末、そしていろんな学校の卒業式や入学式のシーズンとなりました。

どうしてこの時期は毎年忙しくなるのでしょうって話はさておきまして、


本日は「ママ友」の話題を。



私は子供が生まれてすぐ保育園に預け、ずっと社会の手を

借りながら仕事をしてきたので、いわゆる「ママ友」さんとの

付き合いはかなり少ない生活を送ってきたと思います。

立ち話をする時間もないので、情報交換もせず、子育て中の母親なら

当然知っているようなことも知らずに、子供に迷惑をかけたこともあります。



しかし、小学校にはPTAというものがあり、参加するようになりました。

地域柄、まあまあ都会ではあるけれど、割とアットホームな地域で、

俗に言う「ママ友さんとの付き合い上のストレス」のようなものはありませんでした。

今は仕事をしているお母さんたちも多く、お互い配慮しながら、

気持ちよく、できる範囲で役割を分担している、という感じです。



さて、そんな中、ママ友さんたちと話をしていて気になる表現があるんです。

これ、私の周囲ではママ友さんに限り、出てきます。

会話、LINE上のメッセージなどで登場します。それは、



「明日、幡野さんも行くんです?」



そう、これは、



「明日、幡野さんも行くんですか?」



という意味なんです。「か」抜き(笑)。

むむー。き、気持ちわるい!……のは私だけでしょうか。

(ちなみに「~です?」の語尾は上がります)。



使う人は、あらゆるところで「か抜き」をします。例えば、



3時に行けばいいんです?」(いいんですか?、のこと)

「ひとりで大丈夫です?」(大丈夫ですか?、のこと)



など。皆さんは「か抜き」を聞いたことがありますか?

「悪いけど、使ってますよ。駄目なんです?」という方、申しわけありません……



さてそこで、韓国語で似たようなニュアンスは?と考えを

巡らせてみましたが、どうも「これだ」という表現はないですね。



-입니까?(イmニカ/~ですか?」を同じように(か)抜きして(笑)、

×-입니?」(イmニ?)なんてありえない表現だし……



視点を変えて「ママ友」の韓国語を考えてみましょうか。

子供を通じて知り合ったお母さんたち、ですよね。

NAVER
辞書には、



자녀들을 계기로 친구가 엄마들을 일컫음.

(チャニョドゥル ケギロ チングガ ドェン オmマドゥルr イrコドゥm

/子供たちをきっかけとして友達になったお母さんたちを称する)



と載っていますが、周囲を見ていると、



우리 친구 엄마」(ウリエ チング オmマ/子供の友達のお母さん)



などを使っているようですね。



さて、「か抜き」問題。おなじ「か抜き」でも、

「明日、行きますか?」

「明日、行きます?」

は大丈夫なので、その感覚で、「~です?」が出てきたのかもしれませんね。



 
<著者-幡野 泉>
-1995年早稲田大学第一文学部卒業
-1998年延世大学校韓国語学堂に入学
-留学中にコリア・ヘラルド新聞社主催の「第33回外国人韓国語雄弁大会」 にて
  最優秀賞・文化観光部長官賞を受賞、また延世大学校韓国語学堂の雄弁大会にて第1位
-約1年の留学生活の後、東京にある韓国大手商船会社の日本総代理店に就職
  3年半の間、日韓ビジネスの現場に立つ
-2002年3月「杉並区ビジネスプランコンテスト」にて優勝
  題目は「日韓ビジネス交流の橋渡し」
-2002年8月有限会社アイ・ケー・ブリッジを設立
-2004年4月東京・虎ノ門にて「シゴトの韓国語講座(現・アイケーブリッジ外語学院)」を開講
-2006年4月より、「All About 韓国語」ガイドを務める
-東洋経済日報に「ビジネス韓国語会話」を連載
  メールマガジン「明日からすぐ使える!知ってトクするシゴトの韓国語」を発行中
-著書に『すぐに使えるシゴトの韓国語』『レベルアップ シゴトの韓国語』(いずれも三修社刊)
  『すぐに使えるシゴトの韓国語』(アルク刊)がある

■ お問合わせはこちらまでお願いします。


「アイケーブリッジ外語学院」
http://www.ikbridge.co.jp/

TEL 03-5157-2424

韓流ならワウコリア
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約
韓国語・ハングル情報ならWOW韓国語
Copyright(C) 2004-2012 AISE Inc. All Rights Reserved.