韓国語上級者のプライドを打ち砕く‘クグダン’ ログイン会員登録

明日から使える韓国語 第733号 (2019/02/14)

「韓国語上級者のプライドを打ち砕く‘クグダン’」

       

韓国に留学していたときのこと。

語学堂の卒業旅行で景色の美しい雪岳山(ソラクサン)に行きました。

帰りのバスの中でレクが行われ、「韓国語で九九を言う」というお題が。



九九(くく)の韓国語は、



구구단」(クグダン)と言います。グーグル、グラタンみたいですね。



さて、韓国語で九九……、言ってみたことないけれど、

どうにかなるのかなと思いつつ、ゲームが始まると……



愕然としました、まったく言えないのです!

しかし、アメリカ在住の韓国人クラスメイトの華麗さといったら!



삼일은 (サミルン サm/さんいちがさん)

삼이 (サミ ユk/さんにがろく)

삼삼() (サmm(もしくはサmサムン)グ/さざんがく)



これを猛スピードで言い、駆け抜けていくのです!



日本では1の段から九九を言いますね。講師に尋ねてみると

韓国では2の段から始まるそうですよ。

私はというと「いんいちが」から数字と日本語の節が頭の中を

ごちゃごちゃと駆け巡るばかりで、まったく韓国語が出てこないではないですか。



このアメリカ在住韓国人のクラスメイトは小学校低学年まで

韓国で暮らしていたので、ちょうど韓国の小学校で九九を学んでから

移住したらしく、まさに「朝飯前」という雰囲気。



こんなにも違うのか!と愕然としました。卒業旅行なのに、

私は卒業できない(笑)!と、完全に自信を打ち砕かれましたね。



ちなみに、助詞(-/)は言うスピードによって

そのまま読んだり省略したり、になるようです。



韓国語の九九についての解説は、是非以下を見てみてください。

分かりやすく書いてあるものを選びました。

九九の言い方と練習法



さあ、我こそはという方は、韓国語の九九に是非チャレンジしてみてください。

数字の音変化のとても良い訓練になりますよ!



 
<著者-幡野 泉>
-1995年早稲田大学第一文学部卒業
-1998年延世大学校韓国語学堂に入学
-留学中にコリア・ヘラルド新聞社主催の「第33回外国人韓国語雄弁大会」 にて
  最優秀賞・文化観光部長官賞を受賞、また延世大学校韓国語学堂の雄弁大会にて第1位
-約1年の留学生活の後、東京にある韓国大手商船会社の日本総代理店に就職
  3年半の間、日韓ビジネスの現場に立つ
-2002年3月「杉並区ビジネスプランコンテスト」にて優勝
  題目は「日韓ビジネス交流の橋渡し」
-2002年8月有限会社アイ・ケー・ブリッジを設立
-2004年4月東京・虎ノ門にて「シゴトの韓国語講座(現・アイケーブリッジ外語学院)」を開講
-2006年4月より、「All About 韓国語」ガイドを務める
-東洋経済日報に「ビジネス韓国語会話」を連載
  メールマガジン「明日からすぐ使える!知ってトクするシゴトの韓国語」を発行中
-著書に『すぐに使えるシゴトの韓国語』『レベルアップ シゴトの韓国語』(いずれも三修社刊)
  『すぐに使えるシゴトの韓国語』(アルク刊)がある

■ お問合わせはこちらまでお願いします。


「アイケーブリッジ外語学院」
http://www.ikbridge.co.jp/

TEL 03-5157-2424

韓流ならワウコリア
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約
韓国語・ハングル情報ならWOW韓国語
Copyright(C) 2004-2012 AISE Inc. All Rights Reserved.