施したい、そして心を通じ合わせること ログイン会員登録

明日から使える韓国語 第727号 (2018/12/27)

「施したい、そして心を通じ合わせること」

       

クリスマスも終わり、一気に年の瀬ムードになってきました。

当校では毎年12月上旬から中旬にかけて韓国語講座のスピーチ大会を行いますが、



스피치
대회가
끝나면 1년이
끝났다는
느낌이에요.

(スピチ テフェガ クンナミョン イrリョニ クンナッタヌン ヌッキミエヨ

/スピーチ大会が終わると、1年が終わったような気分です)



と、ある講師が言っていたように、大会が終わると温かな安堵感に包まれます。



受講生の皆さんの頑張りや成果を目の前で見、その後の忘年会では

様々な楽しい話に花を咲かせ、ああこれからも、是非皆さんを応援して

いきたいという気持ちになります。



そして個人的には、その後のクリスマスシーズンは子供たちの

習い事関係のクリスマス会が盛んに催されることになります。



当校スピーチ大会で、イベント企画、そしてイベントのはじめから終わりまでの、

一部始終を把握しているので、このような催しの裏側はよく分かり、

教室の先生方やスタッフの皆さんへの感謝の気持ちが沸き上がります。



面白いのは、それぞれの教室のおおもととなる先生のキャラクターが

随所に出ることです(私のキャラクターは……、はて(笑))。



さておき、違いはあれど共通しているのは、私たちが受講生の皆さんに

抱いているような愛情を、教室の先生方からも感じることです。

そう、「皆さんに何かを施(ほどこ)したい」というような気持ちですね。



施す、の韓国語は、「베풀다」(ペプrダ)ですが、施すで思い出しました。

以前、韓国語のスピーチ大会に出場したとき、「情」というテーマで

スピーチされた方が、こんなフレーズを話されていました。



한국인은
어떤
대가를
바라면서
베푸는
것이
아니라


그저
마음을
열고
마음을
보여
줍니다.



(ハングギヌン チョンウル オットン テカルr パラミョンソ ベプヌンゴシ アニラ 

クジョ マウムr ヨrゴ マウムr ポヨジュmニダ

/韓国人はというものを、何かしらの対価を与えたり望んだりして施すのではなく、

ただ、心を開くことでそれを見せるのです)



とても難しい文章でしたが、心に残るフレーズでした。



心を通じ合わせることを大切に、来年も当校に通ってくださる方のために

教室運営を頑張ろうと思った次第です。



読者の皆様、2019年が良き1年となりますよう。

来年も、アイケーブリッジ外語学院をどうぞよろしくお願いします!



 
<著者-幡野 泉>
-1995年早稲田大学第一文学部卒業
-1998年延世大学校韓国語学堂に入学
-留学中にコリア・ヘラルド新聞社主催の「第33回外国人韓国語雄弁大会」 にて
  最優秀賞・文化観光部長官賞を受賞、また延世大学校韓国語学堂の雄弁大会にて第1位
-約1年の留学生活の後、東京にある韓国大手商船会社の日本総代理店に就職
  3年半の間、日韓ビジネスの現場に立つ
-2002年3月「杉並区ビジネスプランコンテスト」にて優勝
  題目は「日韓ビジネス交流の橋渡し」
-2002年8月有限会社アイ・ケー・ブリッジを設立
-2004年4月東京・虎ノ門にて「シゴトの韓国語講座(現・アイケーブリッジ外語学院)」を開講
-2006年4月より、「All About 韓国語」ガイドを務める
-東洋経済日報に「ビジネス韓国語会話」を連載
  メールマガジン「明日からすぐ使える!知ってトクするシゴトの韓国語」を発行中
-著書に『すぐに使えるシゴトの韓国語』『レベルアップ シゴトの韓国語』(いずれも三修社刊)
  『すぐに使えるシゴトの韓国語』(アルク刊)がある

■ お問合わせはこちらまでお願いします。


「アイケーブリッジ外語学院」
http://www.ikbridge.co.jp/

TEL 03-5157-2424

韓流ならワウコリア
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約
韓国語・ハングル情報ならWOW韓国語
Copyright(C) 2004-2012 AISE Inc. All Rights Reserved.