よかれと思って ログイン会員登録

明日から使える韓国語 第720号 (2018/11/01)

「よかれと思って」

       

前号で「 뺐어요.(チョm ペッソヨ/ほくろ取りました)」というフレーズを

ご紹介しましたが、すると当校で「ほくろ取った取らない」の話題になりました。



韓国でのほくろ取り経験者がいて、こんなことを話していました。



「これとこれを取ってください、と言っているのにお医者さんが

いや、これも取るべきだ、と望んでいないところも取ってしまう」と。



うーん、「韓国あるある」ですねぇ。



以前、当メルマガでもご紹介しましたが、以前、韓国のスーパーで

韓国のミルクコーヒーを小さい箱で3つ買い物カゴに入れていたら、

店員さんが「大袋で買いなさい」と。



「いや、お土産だから一つ一つこうやって買うんだ」と言ったところ、

「あんた馬鹿じゃないの」というような顔をされ、「大袋で買って、

ジップロックに分けて渡せば良いのだ」と引かないではありませんか。



もー、こういうところが面倒くさいったらありゃしないのよ!

と思いながら、どうしたか、お時間ある方はこちらのバックナンバーをご覧下さい。



そう、韓国人は、この「よかれと思って」取る行動が多いですよね。



冒頭のお医者さんも、コーヒー大袋を私に買わせようとした店員さんも

「よかれと思って」、私たちのために取る行動なんですよね。

だからこそ厄介というか、それを受け入れないと、こちらが

変人扱いのようになってしまう、難しいところです(笑)。



「よかれと思って」、辞書で引いてみました。

なるほど、出てきた例文をご紹介いたしましょう。



좋으라고
말하는
거야.

(ノ チョウラゴ マラヌン ゴヤ

/お前によかれと思って言っているんだよ)



그녀를 위하는
일이라고
생각해서

것입니다.

(クニョルr ウィハヌン イリラゴ センガッケソ ハン ゴシmニダ

/彼女のためによかれと思ってしたことです)



前者は、「좋다(チョッタ/正しい、ためになる)」から来ているのですが、

なかなか面白い表現ですね。これを機に、覚えてみてはどうでしょうか!



 
<著者-幡野 泉>
-1995年早稲田大学第一文学部卒業
-1998年延世大学校韓国語学堂に入学
-留学中にコリア・ヘラルド新聞社主催の「第33回外国人韓国語雄弁大会」 にて
  最優秀賞・文化観光部長官賞を受賞、また延世大学校韓国語学堂の雄弁大会にて第1位
-約1年の留学生活の後、東京にある韓国大手商船会社の日本総代理店に就職
  3年半の間、日韓ビジネスの現場に立つ
-2002年3月「杉並区ビジネスプランコンテスト」にて優勝
  題目は「日韓ビジネス交流の橋渡し」
-2002年8月有限会社アイ・ケー・ブリッジを設立
-2004年4月東京・虎ノ門にて「シゴトの韓国語講座(現・アイケーブリッジ外語学院)」を開講
-2006年4月より、「All About 韓国語」ガイドを務める
-東洋経済日報に「ビジネス韓国語会話」を連載
  メールマガジン「明日からすぐ使える!知ってトクするシゴトの韓国語」を発行中
-著書に『すぐに使えるシゴトの韓国語』『レベルアップ シゴトの韓国語』(いずれも三修社刊)
  『すぐに使えるシゴトの韓国語』(アルク刊)がある

■ お問合わせはこちらまでお願いします。


「アイケーブリッジ外語学院」
http://www.ikbridge.co.jp/

TEL 03-5157-2424

韓流ならワウコリア
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約
韓国語・ハングル情報ならWOW韓国語
Copyright(C) 2004-2012 AISE Inc. All Rights Reserved.