いってきます ログイン会員登録

明日から使える韓国語 第716号 (2018/10/04)

「いってきます」

       

先日、長めの休憩時間がある先生が、



나갔다 오겠습니다.

(
ナガッタ オゲッmスニダ/いってきます)



こう言いながらお出かけになりました。



다녀오세요.


(タニョオセヨ/いってらっしゃい)



と応答しつつ、「この나갔다(ナガッタ)、最初はただの終止形文章だと

勘違いしていたっけな~」と思い返していました。



終止形、ということは、



나갔다. 오겠습니다.

(ナガッタ。オゲッスmニダ/出て行った。来ます。)



ということになり、文法的にはかなりおかしな文章なんですが、

決まり文句としてそう言うのかな、としか思いませんでした。



しかし、当メルマガでも同様の文法を何度か

取り上げた記憶がありますが、このフレーズは、



나갔다가 오겠습니다.

(ナガッタガ オゲッmスニダ)



とイコールで、重要中級文法「-다가(タガ/~してから)」が使われているのです。

従って、「出掛けてから、また帰って来ますね」という意味になるんです。

これが分かったときのスッキリ感といったら!



さて、「いってきます」の韓国語は、以下のように様々なバージョンがあります。



다녀오겠습니다. (다녀올게.)

나갔다 오겠습니다. (나갔다 올게.)



다녀오겠습니다.(タニョオゲッスmニダ)

다녀올게. (タニョオr) ※パンマル表現



は、家にいる人が、学校や会社に「いってきます」というニュアンス。



나갔다 오겠습니다. (ナガッタ
オゲッス
mニダ
)

나갔다 올게. (ナガッタ オr) ※パンマル表現



は、冒頭の先生の言葉。

ちょっと出掛けて、帰ってきます、というニュアンスになりますね。



日本語は老若男女、「いってきます」一本、ですよね。

あって「いってくるね」くらいでしょうか。

「いってきます」ひとことでも、韓国語はバラエティに富んでいますね!



 
<著者-幡野 泉>
-1995年早稲田大学第一文学部卒業
-1998年延世大学校韓国語学堂に入学
-留学中にコリア・ヘラルド新聞社主催の「第33回外国人韓国語雄弁大会」 にて
  最優秀賞・文化観光部長官賞を受賞、また延世大学校韓国語学堂の雄弁大会にて第1位
-約1年の留学生活の後、東京にある韓国大手商船会社の日本総代理店に就職
  3年半の間、日韓ビジネスの現場に立つ
-2002年3月「杉並区ビジネスプランコンテスト」にて優勝
  題目は「日韓ビジネス交流の橋渡し」
-2002年8月有限会社アイ・ケー・ブリッジを設立
-2004年4月東京・虎ノ門にて「シゴトの韓国語講座(現・アイケーブリッジ外語学院)」を開講
-2006年4月より、「All About 韓国語」ガイドを務める
-東洋経済日報に「ビジネス韓国語会話」を連載
  メールマガジン「明日からすぐ使える!知ってトクするシゴトの韓国語」を発行中
-著書に『すぐに使えるシゴトの韓国語』『レベルアップ シゴトの韓国語』(いずれも三修社刊)
  『すぐに使えるシゴトの韓国語』(アルク刊)がある

■ お問合わせはこちらまでお願いします。


「アイケーブリッジ外語学院」
http://www.ikbridge.co.jp/

TEL 03-5157-2424

韓流ならワウコリア
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約
韓国語・ハングル情報ならWOW韓国語
Copyright(C) 2004-2012 AISE Inc. All Rights Reserved.