‘ト マンナヨ’ふたたび ログイン会員登録

明日から使える韓国語 第715号 (2018/09/27)

「‘ト マンナヨ’ふたたび」

       

ちょうど一年前、「ハングル能力検定協会創立25周年企画

「ハングル」検定ポスター・キャッチコピー募集コンテスト
」に、

当校受講生の中野浩道さんが入賞され、当メールマガジンで

ご紹介させていただきました。(こちら



キャッチコピーという短い文章でありながらも、その時の様子が頭に

浮かんだり、「ト マンナヨ」という言葉が解釈によっていろんな意味に

取れたりもし、とてもグッとくる内容でした。



さて、それから一年が過ぎ、中野さんからまた、とても嬉しいお知らせを

頂戴しました。中野さんが、今年の「韓日交流作文コンテスト2018」の

日本語エッセイ部門で、入選されたのです!(こちら



一年前の「ト マンナヨ」の続編に近い形でエッセイが書かれています。

冒頭の「ある方」というのは、わたくし幡野だそうです。



ご本人の許可を得て、冒頭は原文のまま、「私は日本企業で~」からは、

元のニュアンスは残しながらも、お取引の内容などは分からないよう、

編集をさせていただきました。



=========



題名:私が感じた韓国



私は昨年のハングル能力検定協会のポスター・キャッチコピーコンテストで

佳作をいただきました。



「トマンナヨ!初めて聞いたとき、日本語かと思った。その言葉は再会の約束だった。」



という作品です。発表を見て、ある方からこんなコメントをいただきました。   



「『トマンナヨ!』」って、良い言葉ですよね。

中野さんはその後、この方にお会いできたのでしょうか?」



今回のエッセイでは、「トマンナヨ!」のその後について書きたいと思います。 



私は日本企業で営業をしています。ある時、韓国の会社から、取引を

したいという連絡を受けました。韓国側の担当者のうちのひとりが、

日本への留学経験があるAさんでした。

カタコトの日本語ではありましたが、いろいろなアドバイスや、時には

厳しいお言葉も頂きました。そして、最後まで真剣に対応していただきました。



それから3年の月日が経ち、取引は実を結びました。打上げでは、

3年間の苦労話などで盛り上がり、最後は一人ずつ相手の会社に

対し感謝の言葉を掛け合いました。その時は全員が涙を流していました。

別れの時、私はAさんに言いました。



만나요.(ト マンナヨ)」。



そしてAさんもまた、同様に返してくれました。



その後、Aさんは違う部署に異動になり、私は引き続き、その会社の

担当をしていましたが、取引した製品は数年して販売中止になりました。

そして、韓国出張もなくなり、Aさんに会う機会もなくなりました。



あの別れから5年ほど経った今年、日本で開催されたある展示会で

トントンと背中を叩かれ振り向くとそこにはAさんが立っていました。

転職したので、もう一度、うちと取引したいと思ったが、私の連絡先を

無くしてしまったので、ここにくれば会えると思ったと、相変わらずの

カタコトの日本語で話してくれました。

私はうれしくなり、すぐに韓国を訪問しました。昔と変わらず、

強い改善要求と叱咤激励をいただきましたが、その後の会食では

久しぶりの再会を喜び合いました。



만나요. (ト マンナヨ)」は日本語に訳すと、「また、会いましょう」ですが、

次に会うことが決まっている時にはあまり使いません。

「いつになるかわからないけど、また会いましょう」のニュアンスが強いので、

日本では社交辞令として使われることが多いのですが、 Aさんに限らず、

韓国の人々は、ふと思い出すと気軽に連絡をくれます。



一度、苦楽を共にすれば「 만나요. (ト マンナヨ)」は社交辞令ではなく、

本当の「また、会いましょう」になるのです。Aさんとの出会いを通じて、

自分は口先だけの少し寂しい生き方をしているのかもしれない、

言葉の意味通りに生きることの大切さに気付きました。



あの方に改めて報告したいです。



만나요. (ト マンナヨ)」と言い合った仲間には会えました。

二人の関係は止まりませんよ!



=========



中野さんはAさんに、

「ト マンナヨ(また会えた、そして、(関係は)止まらない)」だったのですね。



心温まるお二人の関係です。このようなお話を聞くと、日本と韓国は

やはりとても近くて、人々はこんなに分かり合え、仲良くなれるんだなぁと

改めて思います。



「ここにくれば会えると思った」と展示会を訪れてくれたAさんも、

すぐに韓国を訪問し商談をされた中野さんも、なんとも素敵です。



中野さん、嬉しいご報告をありがとうございました!



<著者-幡野 泉>
-1995年早稲田大学第一文学部卒業
-1998年延世大学校韓国語学堂に入学
-留学中にコリア・ヘラルド新聞社主催の「第33回外国人韓国語雄弁大会」 にて
  最優秀賞・文化観光部長官賞を受賞、また延世大学校韓国語学堂の雄弁大会にて第1位
-約1年の留学生活の後、東京にある韓国大手商船会社の日本総代理店に就職
  3年半の間、日韓ビジネスの現場に立つ
-2002年3月「杉並区ビジネスプランコンテスト」にて優勝
  題目は「日韓ビジネス交流の橋渡し」
-2002年8月有限会社アイ・ケー・ブリッジを設立
-2004年4月東京・虎ノ門にて「シゴトの韓国語講座(現・アイケーブリッジ外語学院)」を開講
-2006年4月より、「All About 韓国語」ガイドを務める
-東洋経済日報に「ビジネス韓国語会話」を連載
  メールマガジン「明日からすぐ使える!知ってトクするシゴトの韓国語」を発行中
-著書に『すぐに使えるシゴトの韓国語』『レベルアップ シゴトの韓国語』(いずれも三修社刊)
  『すぐに使えるシゴトの韓国語』(アルク刊)がある

■ お問合わせはこちらまでお願いします。


「アイケーブリッジ外語学院」
http://www.ikbridge.co.jp/

TEL 03-5157-2424

韓流ならワウコリア
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約
韓国語・ハングル情報ならWOW韓国語
Copyright(C) 2004-2012 AISE Inc. All Rights Reserved.