便利な‘○○(職業)さん’‘○○(会社名)さん’ ログイン会員登録

明日から使える韓国語 第702号 (2018/06/28)

「便利な‘○○(職業)さん’‘○○(会社名)さん’」

 

日本語の「~さん」はとても便利、と以前拙著に書いたことがあります。

男女問わず、年齢もあまり問わず、上司にも部下にも使える……と。



一方韓国は、肩書をきちんとつけないといけないし、部下を呼ぶときも部下に

肩書がある場合は(ある場合がほとんど)、肩書を付けて呼ぶことが多いですね。



さて、そんな日本語の「~さん」。便利さが高じて、題名のように、職業や

会社名にも付けるようになりました。



「通訳さん、ちょっと来てください」

「アイケー工業さん、何時に来ますか?」



厳密に言うと日本語の文法的には誤りかも知れませんが、会話の中では

サラッと聞き流してしまうレベルまで来ましたね。



でも韓国語の場合、「~さん」を「-(シ)」にしただけで使えるわけではありません。



×통역사

주세요
.

(トンヨkサ シ チョm ワ ジュセヨ)



×아이케이
공업 씨는
시에 오시나요
?

(アイケイ コンオp シヌン ミョッシエ オシナヨ?)



とてもおかしいです。韓国語にするとなると、



통역하시는 (통역 선생님) 주시겠어요?

(トンヨッカシヌン ブン(トンヨk ソンセンニm)チョm ワ ジュセヨ

/通訳される方(通訳の先生)、ちょっといらしていただけますか?)



아이케이 공업 담당자 분은 시에 오시나요?

(アイケイ コンオp タmダンジャ ブヌン ミョッシエ オシナヨ?

/アイケー工業の担当者の方は何時にいらっしゃいますか?)



となります。



日本も以前は「○○(職業)さん」「○○(会社名)さん」は違和感が

あったはずですが、だんだん市民権を得ていることを考えると、

韓国語もいつかどこかが崩れて?いくのかなぁ、と想像したりします。



 
<著者-幡野 泉>
-1995年早稲田大学第一文学部卒業
-1998年延世大学校韓国語学堂に入学
-留学中にコリア・ヘラルド新聞社主催の「第33回外国人韓国語雄弁大会」 にて
  最優秀賞・文化観光部長官賞を受賞、また延世大学校韓国語学堂の雄弁大会にて第1位
-約1年の留学生活の後、東京にある韓国大手商船会社の日本総代理店に就職
  3年半の間、日韓ビジネスの現場に立つ
-2002年3月「杉並区ビジネスプランコンテスト」にて優勝
  題目は「日韓ビジネス交流の橋渡し」
-2002年8月有限会社アイ・ケー・ブリッジを設立
-2004年4月東京・虎ノ門にて「シゴトの韓国語講座(現・アイケーブリッジ外語学院)」を開講
-2006年4月より、「All About 韓国語」ガイドを務める
-東洋経済日報に「ビジネス韓国語会話」を連載
  メールマガジン「明日からすぐ使える!知ってトクするシゴトの韓国語」を発行中
-著書に『すぐに使えるシゴトの韓国語』『レベルアップ シゴトの韓国語』(いずれも三修社刊)
  『すぐに使えるシゴトの韓国語』(アルク刊)がある

■ お問合わせはこちらまでお願いします。


「アイケーブリッジ外語学院」
http://www.ikbridge.co.jp/

TEL 03-5157-2424

韓流ならワウコリア
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約
韓国語・ハングル情報ならWOW韓国語
Copyright(C) 2004-2012 AISE Inc. All Rights Reserved.