SNS用語は‘短く!’ ログイン会員登録

明日から使える韓国語 第672号 (2017/11/09)

「SNS用語は‘短く!’」

       

当校自慢のSALONシリーズが盛り上がっております。

昨日は、「知りたい、使いたい!韓国語のSNS用語と言い回し」講座を開催しました(当校ブログ)



カカオトークやインスタグラムなどSNSで使われる韓国語の俗語や流行語を学び、

自身で文章を書いてみる、という内容です。



韓国語は日本語に比べ音のバラエティーが広いので、このようなネット用語も

多様で楽しいですね。どんなものがあるでしょう。講座の一部からご紹介しましょう。



-(r)



こちらの元の意味は「はちみつ」ですね。当メルマガでも取り上げたことがありますが、

꿀맛(rマッ/蜜の味)」のように、比喩的に良い意味でつかわれます。

ネット用語としての「
-
」は、「とても-」という意味になります。



そこで、



꿀잼(クルジェム)



こちらの意味、分かりますか?が「?」となりますでしょうか。



もともとSNS用語というのはツイッターのように字数制限があったり、

カカオトークやLINEのようにテンポの早い会話を成り立たせるために

「短く」なる傾向があります。というと、わかる方もいらっしゃるかもしれません。



아주

재미있어요



そう、「아주 재미있어요(アジュ チェミイッソヨ)」のネット用語になるわけですね。



講座で取り上げたネット用語は他にもとてもたくさんありますが、

例えば、「안알랴줌(アナrリャジュm)」なんかは答え?を聞くまでわたしも

分かりませんでしたね~。正しくは「
알려줌(アナrリョジュm/教えな~い)」。



分かち書きしてくれれば分かるのにー!なんて叫びたくなりますが、そう、

ネット用語は「短く」が鉄則ですから、分かち書きは少なくなる傾向があります。



なんてことを学ぶ120分。同じ講座を今週の土曜日に開催します。

バラエティーに富んだ韓国語を知りたい方、普段の学習に刺激を与えたい方、

お気軽にご参加ください。まだ参加お申込は間に合います!お待ちしています!

講座詳細、申込方法は、こちら。)



<著者-幡野 泉>
-1995年早稲田大学第一文学部卒業
-1998年延世大学校韓国語学堂に入学
-留学中にコリア・ヘラルド新聞社主催の「第33回外国人韓国語雄弁大会」 にて
  最優秀賞・文化観光部長官賞を受賞、また延世大学校韓国語学堂の雄弁大会にて第1位
-約1年の留学生活の後、東京にある韓国大手商船会社の日本総代理店に就職
  3年半の間、日韓ビジネスの現場に立つ
-2002年3月「杉並区ビジネスプランコンテスト」にて優勝
  題目は「日韓ビジネス交流の橋渡し」
-2002年8月有限会社アイ・ケー・ブリッジを設立
-2004年4月東京・虎ノ門にて「シゴトの韓国語講座(現・アイケーブリッジ外語学院)」を開講
-2006年4月より、「All About 韓国語」ガイドを務める
-東洋経済日報に「ビジネス韓国語会話」を連載
  メールマガジン「明日からすぐ使える!知ってトクするシゴトの韓国語」を発行中
-著書に『すぐに使えるシゴトの韓国語』『レベルアップ シゴトの韓国語』(いずれも三修社刊)
  『すぐに使えるシゴトの韓国語』(アルク刊)がある

■ お問合わせはこちらまでお願いします。


「アイケーブリッジ外語学院」
http://www.ikbridge.co.jp/

TEL 03-5157-2424

韓流ならワウコリア
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約
韓国語・ハングル情報ならWOW韓国語
Copyright(C) 2004-2012 AISE Inc. All Rights Reserved.